在庫管理

Service-Parts-Logistics

もっと快適に、もっとうまくいく在庫管理のために

在庫管理のシステムを導入しているにも関わらず、うまく活用できていないという企業様は意外に多いようです。その大きな理由のひとつには「情物一致」があります。情物とは情報の流れと物の流れのことで、これがうまく合致していないとトラブルの原因にもなりかねないのです。

 

顧客満足とスタッフの生産性は、迅速で正確なサービス提供や販売によりもたらされます。アステアでは、「ベストプラクティス(最善慣行)」の観点から、在庫レベルを確保するために最も効率的な最善の方法をご提案することで、本来あるべき在庫管理の姿を導き出すとともに、これまでの在庫管理をもっと快適かつ便利に進化させるべく、トータルサポートを行っています。


在庫管理の現場に生じるさまざまな課題を解決!

在庫管理を行う物流の現場では、各セクションならではの課題や問題が発生することが多くなります。業種によって取扱う商品や製品に多少の違いはありますが、一般的な例として大きく分けると4つのタイプの課題が挙げられます。

 

■入庫・入荷における課題例

・実際の入庫・入荷の数と、入庫・入荷予定の数が合っているか確認したい

・棚番の間違いなどを防止したい etc.

 

■保管における課題例

・正確なロケーション管理を行いたい

・在庫品のロットを正確に管理したい etc.

 

■ピッキングにおける課題例

・ピッキング時間を短縮したい

・ピッキング時のミスを防止したい etc.

 

■仕分け・出荷における課題例

・仕分け時のミスをなくしたい

・誤出荷を防止したい etc.

 

こうしたいくつもの課題を具体的かつ根本から解決することで、在庫コストの削減や業務効率の大幅アップが期待できるだけではなく、保守サービスにおける質の向上が図れ、ひいてはそれが顧客満足度までも高めることにつながっていくのです。

また、アステアが行う在庫管理ソリューションでは、顧客からの返品やメーカー保証に関するクレーム処理などもサポート対象としています。業種を問わず、これまでに以上にうまくいく在庫管理をご提案いたします。

機能概要はこちら⇒Astea Alliance Logistics (在庫管理)

ソリューション
業種別
製品

 

Copyright © 2016, Astea International, Inc. All rights reserved